2012年7月17日(火)

WinXPでGPT保護パーティションを削除

MBRでは2TBを超えるHDDを管理できないこともあり、Linuxを使用したTVなどに接続したHDDはGPT方式にフォーマットされます。
WinXPの「ディスクの管理」では「GTP保護パーティション」と表示されるだけで、何の利用も削除さえもできません。
次の手順でGTP保護パーティションを解除できます。
1.コマンドプロンプトを開き「diskpart」でDiskPartを起動。
2.「list disk」でしっかり確認します。
3.「select disk 2」(数字は例)で、対象を選択します。
4.「clean」でパーティションを削除。(前項を間違えると危険です!)
5.「list disk」で一応確認。
6.「exit」でDiskPartを終了します。
以上

コメント記入

次のフォームにコメントを記入してください。



カレンダー

  • 5月 2018
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031